カワハギ刺身

カワハギの刺身(薄造り)とたっぷりの肝添え|川崎の魚料理・ふぐ料理のとん吉

いつもありがとうございます。
川崎の魚料理・ふぐ料理のとん吉です。
1/15日、今週は急に気温が下がりましたが皆様体調は如何ですか?

本日は、お客様のご要望でカワハギの刺身(薄造り)をお出し致しました。
下記がその写真なんですが、肝もたっぷり添えて肝酢で召し上がって頂きます。

カワハギ刺身

そして最後はアラで味噌汁をお造りして〆ます。

【カワハギの刺身の難しさ】

カワハギをおろすには、『肝を痛める事のないように』、というのが一番のポイントなんです。頭の先にある角の後ろから包丁を途中まで入れ、あとは身と頭をそろそろっと引っ張ると、頭のほうに肝がくっついてきます。

この時は肝を慎重に取り除きます。このとき、肝にくっついてる黒いにが玉(胆のう)を潰してしまうと肝が苦くなってしまうのがカワハギの特徴なんです!

とん吉ではカワハギ等、独自の仕入れで様々な魚を取り扱っております。